4週間

2018/04/09

決して、書き残すのを忘れてしまったわけではないのです。子供が病気で外出も不可能。よって、図書館に電話して、貸出の延長をしてもらいました。借りている本に予約がない限りは、延長可能なのです。それにしても、子供がこういうわけでずっと家にいるっていうのに、なんだか病気の時に限って、読んであげたいのになかなか読めないものです。

ももんちゃんのっしのっし (ももんちゃんあそぼう)
しいたさんおすすめのももんちゃん、借りてきてました。上の子もそうだけど、どっちかっていうと下の子にうけました。このシリーズ初めて見たので、私はつい、なんで、お化けに、金魚に、サボテンがお客(お友達)? と思ってしまいます。まぁ、大人には謎でも、子供はなんでも(おもしろければ)受入れてしまうのかもしれません。

エルマーのあたらしいともだち―ぞうのエルマー
保育園で読んでもらったりなんかして、存在は知ってたエルマーシリーズですが、適当に借りてきたのがこれでした。紙がぶ厚くって、赤ちゃん向けのところにあったので、これも下の子向けのわかりやすい本なのかなぁ〜と思って。しかも、最後のページには鏡までついてるんです。けど、鏡のせいか、なじみのない変なカラフル象のせいか、読んであげてもあまりストーリーには食いつかず、何だか鏡をながめてばっかり。誰が「あたらしいともだち」なのか、意味がわかったのでしょうか?

ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)
この頃、1つは選んでくる昔話、今回は「ももたろう」でした。これまで、あの有名な歌を歌ったりしたこともあったので、なじみがあるもののはずです。そこで今回、一通りお話を聞き終えた上の子に、「ももたろうみたいに強くなって、鬼退治に行きたい?」と尋ねてみたのですが、「イヤだ」の一言! 前々からいろんな言動、好みで感じてはいましたが、そういう、対決とか、恐い悪者退治とか、苦手のようです。悪く言えば弱虫ですが、良く言えば、優しいとか、そういうことなのかなぁ? という傾向の子には、ももたろうはあんまりおもしろくないみたいです。

こねこのポカリナ
そういうわけで、うちの子が大好きなのは、こんなかわいい動物さん系。「何してるの?」とか言いながら、二人そろって何度も読みたがります。

そういば、作者の「どいかや」さんの単語で検索されてくる方が時々いらっしゃるみたいですが、私も何にも知りません。「どいかや」と書くと「?」ですが、「土井香弥」と書けば、普通のお名前だってわかるという、ある意味、印象深いお名前です。

ねずみくんのしりとり (ねずみくんの絵本 16)
前回も借りてきました、ねずみくんシリーズです。どれにしようか迷うくらい、いっぱいありましたよ。仕掛け絵本もあるみたいで。その中から、しりとりです。そう、子供にはけっこううけるのですが、動物さんがかわいいのもあるけど、いまいち(私にとって)かわいくないもの(古くさい感じ?)。なんでだろう。目が寄ってるから?

なつのいけ
村上康成さん、夏の本です。池で遊びたい子供が主人公のようで、実は、捕まってしまうかも、いえ、それ以前に、池の中で「食うか食われるか」をやってる生き物達が主役なのかもしれません。そんな、生き物達の声が見えるからなのか、上の子も、あんまり、「自分が池でこんな生き物を獲って遊びたい」というよりは、単に、「これは何?」と、魚や虫の名前の対応に忙しかったのでした。

ところで、うちの近くにも池があったりなんかしますが、一体何が住んでるんでしょう? 魚釣りをしているおじさん達は見かけますが。あとは、夏なら、ウか、サギ類か、セキレイなんかの野鳥と、カメ、くらいしか上からではわからないなぁ。それらの生き物が住めるんだから、魚も当然いろいろいそうですけど。けれども、子供は落ちたら危ないから絶対に近寄らせません〜。

ぼく、おつきさまがほしいんだ
かわいい絵に、わかりやすくおもしろい展開に、二人ともかなりくぎづけでしたよ。もぐらが「おつきさまが消えちゃった」と言って泣くところなんて、真剣になって、「ほら、上にあるよ」と説明したり「泣かないで」と励ましたり、もう大変!

「お月さまはとても遠くにある」っていう、当たり前でいて、どう、本当に小さい子供に説明していいか難しいことを、本当に、かわいく、主人公のもぐらの体感として描いてる絵本なんだと思いました。これも、立派な天文絵本? どうでしょう。

これって知ってます??

知らないとして・・・

 

いったいいくらだと思いますか?

 

まあ、警察官という公務員だし

それなりの年齢っぽいし。

 

ということで答えですが・・

 

600万円だそうです!

f:id:AR30:20140203223541p:plain

多い?少ない?

 

 

ただ、たしか

すごい額の借金を抱えているはずなので(笑)

勇者は世界を救うために

冒険の旅に出るわけですが・・・

 

それを依頼した国の財政が傾いていたとしたら。

 

魔王を倒して国へ戻っても

何の褒美もなく、生活も保証されない可能性があります(笑)

 

もしそんな状態に陥ったら。

 

勇者はどうなってしまうのか。

 

 

 

 

勇者だった人は・・

元ニートですよね・・役に立たない(笑)

 


こばわ。黄金色の一週間の真っ最中ですが、みなさん、いかがお過ごしですか。
shinさんもおやすみですが、たまってる事務と、来月以降の仕事探しの段取りをしています。

さて、今日、shinさんをよく知るある女性が、Skype の向こう側で、xampp の apache が起動しないと言い出したんですが、まず、xampp が読めなかった。会話の流れから、php が関係あるらしいということがわかったが、なんて読むのか、Wikipedia に聞くと、

XAMPP(ザンプ)とは、ウェブアプリケーションの実行に必要なフリーソフトウェアをパッケージとしてまとめたもので、apachefriends.orgから提供されている。主として開発用あるいは学習用ではあるが、イントラネットなどにおいて実運用環境として使われることもある。(中略)Apache(Webサーバ)、MySQL(SQLデータベースサーバ)とWebプログラミング言語であるPHPや同目的で使われるPerlの4つの主要ソフトウェアとphpMyAdminなどの管理ツール、さらにSQLiteなど、いくつかの補助的なソフトウェアとライブラリモジュールが含まれている。


ふうん。世の中にはそんな便利なものがあるのか。ちなみに、xampp は、Cross(X) platform of Apache and MySQL and Php and Perl のことだそうだ。

んで、インストールしてもapacheがあがらん、と。

Skype で会話していたので、てっとり早い解決方法は、Skypeを終了することだろうと思っていたが、(むかし、Skype が 80 をつかむことは調べて知っていた。webサーバーはデフォルトで ポート80 で待機するから、ポートが開けなくって落ちていたんだろうことは予想がついた。)とはいえ、いままさに、やりとりに使っているSkypeを落とすわけにもいかず、ひとまず、apache のポートを変えてみることを試す。

XAMPPを用いたPHP実行環境 - 明日もまた。によれば、

Install-directoryapacheconfhttpd.conf

に apache の設定ファイルがあるそうなので、そこの、

"Listen 80" を "Listen 8034" に変更。
"ServerName localhost:80" を "ServerName localhost:8034" に変更。

して再起動したが、やはり、netstat -a しても、TCP 8034 は リスンしないらしい。

もちょっとぐぐると、

XAMPPでApachが起動しない場合のわりと汎用的な調査・解決方法まとめ - ブログ:ヌルめのつぶやき

によれば、

Install-directoryapache_start.bat

に、Apache の起動スクリプトがあるそうなので、それを直接実行して、ご機嫌をうかがうと、
通常、各ソケット アドレスに対してプロトコル、ネットワーク アドレス、ま
たはポートのどれか 1 つのみを使用できます。 : make_sock: could not bind to addr
ess 0.0.0.0:443
no listening sockets available, shutting down
Unable to open logs

Apache konnte nicht gestartet werden
Apache could not be started


へぇ。SSLポートも、誰かつかんでいるのかと思って、shinさんのほうの、netstat -a してみたら、やっぱり TCP https がリスンしていて、こっちは、IIS も、apache も、 AnHttpd もあがっていなかったから、Skype は HTTPポートだけでなく、HTTPS ポートもつかんでしまうのかと。上のURLで出てきた、netstat -oan で、PID との関連がわかるので、裏づけは取れた。

んで、Install-directoryapacheconfhttpd.conf に、443 が出てこないかを検索してもらっても出てこない。では、SSL で検索したら、

LoadModule ssl_module modules/mod_ssl.so
Include conf/extra/httpd-ssl.conf


がヒット。ああ、なるほど。SSLの設定ファイルは別にあるのね。ということで、このファイルにある、443という数字を、ひとまず、8443 くらいにしてもらったら、apache はめでたく起動したそうだ。
ただし、ブラウザでみるときは、http://localhost:8034/ じゃないと、「あなたの予想に反してこのページが見えているでしょうか。」は見えないので、注意してくださいね☆

なんで、Skype は、80 はともかく、443 まで占有する意味がわからんと思って、設定をもう一度見てみた。ツール→設定→詳細→接続にポートの指定を発見。どうやら、着信の接続に80を使っているらしい。(なんで、いちばんよくつかわれるウェルノウンポートの80を使うんか。プロトコルはhttpなんかよ。。。ブラウザで空白ページ見えるから、httpなのかな。)試しに、ポートを変えて、再起動すると、80 も 443 もつかまなくなった。なるほど、こういう方法もあるか。
 
 
捕鯨捕鯨。
 
 
 
 

休息日

2018/03/10

さすがに昨日歩きすぎたのか、お昼まで起きる気力がなかった日曜日。
ずっと家にいて暇してたので、先週の土曜、そして昨日とカメラを持って出掛けて色々撮ったのでFacebookにアルバムとしてUpしたんですけど、その時に
f:id:okaji:20140413233822j:plain
ってなコメントが出る画像がいくつかあったんですよ。

その画像を調べても、別に4MB超えてるわけじゃないし、ちゃんとしたJPEGだし、何でだろうと悩んでました。ちなみに、ベイスターズ戦観ながら作業してたんですけど、ベイスターズ先発のモスコーソが3本ホームラン打たれたり、チャンスに荒波・金城・石川が凡退していたりで、普通のファンなら憤る感じの試合なんですけど、そんなのがどうでもいい位に目の前に出ているFacebookのエラーに悩んでました。

このエラーの解決策をGoogle先生に聞いても、「サイズを小さくしろ」とか「JPGがどうかを確認したらいいよ」とか、家電の取扱説明書のFAQにある「Q:テレビがつかない」-「A:まずコンセントにプラグが刺さっているか、主電源が入っているかを確認しましょう」並みの当たり前の話しか出てこない体たらく。まあ、結局、RAWからJPEGに変換する時にEXIFを削除するようにしたら上手くUp出来るようになったんですけど、FacebookのUploaderが何の情報をみてUpload OK/NGの判断をしているのかがちょいと気になりました。(もしEXIFだけ見てるなら、Uploaderの仕様をちょい変した方がいい気もしますねぇ。それか、EXIFが悪さするよとFAQに書くとかの対策をしてもらうとか。)

と、それはさておき、FacebookにUpするためにIrfanViewでバッチ処理をしてたのですが、その時に勝手に自動補正が掛かってしまったようで、

  f:id:okaji:20140413233554j:plain

こんな写真が出来上がっておりました。
なんかトイカメラみたいな色調ですが、それよりも飛行機のお腹と月というのが珍しいアングルじゃないですか?
そんなアングルなのもあって、何となく気に入った一枚です。

それにしても、出掛けた先で写真撮るのが楽しいです。
D5200だと、昔持ってたD80と違ってそんなに重くないので持ち歩くのも苦じゃないし、写真はそれなりに綺麗に撮れるし。
あと単焦点レンズを買ってから、格段に撮るのが楽しくなりました。やっぱり単焦点レンズいいわ。

とそんな感じで、来週もどっか写真撮りに出掛けようかな、と悩んでおります。



(´-`).oO(どこ行こう?明治神宮とか行こうかな。まだ行ったこと無いし。それとも遠出かな?んー、悩ましい。)

では。

 テニスファンにとって、錦織選手のこの2週間は暗い話題でしたが、ここにきてジョコビッチからいきなりのお知らせがありました。

 メキシコ・アカプルコ ATP500ツアーの緊急参戦を表明しました。

 以下本人の言葉です。

10月の3連休にオリオンビアパラダイスへ行ってきた!

早めに外出したので那覇の公設市場近くにある「節子鮮魚店」で軽く一杯。

公設市場から徒歩でオリオンビアパラダイス会場の奥武山公園へ。 途中パレットりうぼうがあったので地下にあるワッフルが美味しいと有名なお店へ。

ワッフルを購入して出ようとしたが、そこは誘惑ストリート。気がつけばワインにフランスパンにチーズを買っていた。

会場へは持ち込み禁止だと思うが、出店のあんな不味いもの喰えたもんじゃない。

会場では疑われる事なく難なく入れた。

ワインを飲みながら今回のトリのパーシャクラブを楽しむ。 8時には花火が上がり今年最後?の祭りの余韻に浸る。

DSCF3123

DSCF3115

DSCF3116

DSCF3119

DSCF3138

DSCF3143

DSCF3151

DSCF3158

とある日の呑みの帰り、無性に〆のラーメンを食べたくなったので松山にある康竜へ行ってきた。

注文したのは普通のラーメン、餃子とビールのセットも会わせて頼む。
餃子はニラの青臭さがありおせじにも美味しいとはいえない。(泣)

〆のラーメンはやっぱり旨い。ごちそうさまでした。

DSCF3065

DSCF3064

DSCF3068

.

トルコに到着して、すぐさまお仕事。

日本からの到着は早朝になるため、すぐに動けます。

 

でも、時差ボケしないように注意が必要です。

 

さて、滞在10日以上もいますと、色々ぶらぶらせずにいられません。

日本では、非常に治安など不安視されていますが、

実際には、治安が安定していることが肌で感じられます。

親日家が多いからでしょうか・・・。

 

でも、いまやテロなどいつどこで起きてもおかしくない時代です。

渡航には十分注意して下さい。

 

ある日の町ぶら。

市が開催されていたので、ぶらぶらしてみました。

 

いいですねぇ。この雰囲気。

f:id:yuyuykun:20170424225031j:plain

 

布や絨毯を売ってたので、値段交渉。

でも、トルコ語わかりません。

何とか、身振り手振りで交渉したものの、落ちませんでした。

どうしても気に入ったので買っちゃいましたが元から安いので良しです。

f:id:yuyuykun:20170424225208j:plain

このおじさんが交渉相手。

最後には非常に良い笑顔でさよならしました。

f:id:yuyuykun:20170424225220j:plain

 

市場にはなんでも売ってます。服やパンツなどの下着・・・。

ほんとに生活の一部です。

日本でもいろいろと市が出ますが、どこも観光客のためのようになっていて、

これほど生活感ある市場がやはり海外。

 

海外いいです。

f:id:yuyuykun:20170424225854j:plain

 

これはトルコを代表するケバブの移動販売店。

ドネルケバブです。

ケバブも大変多くの種類があり、シシケバブ、イスケンデルケバブなどなど。

f:id:yuyuykun:20170424225903j:plain

 

これはスイーツを売っているおじちゃんです。

おじちゃんは関係ありませんが、トルコは非常に甘いスイーツの国です。

甘いを通り過ぎて、激甘にもよく当たります。

これほどスイーツ大国とは思いませんでした。

f:id:yuyuykun:20170424225912j:plain

 

こちらは果物と野菜の販売です。

どれもモリモリ。このようなお店が数百メートル続いています。

歩くだけで楽しくなります。

f:id:yuyuykun:20170424225921j:plain

 

f:id:yuyuykun:20170424225939j:plain

f:id:yuyuykun:20170424230025j:plain

 

卵も整然と並べられて、だいぶ売れて高さが低くなっています。

ほかのお店はもっと高く積んでました。

でも、どのお店もきれいに並べられています。

お国柄でしょうか。

f:id:yuyuykun:20170424225948j:plain

 

海が近いということもあり魚も売られていますが、

これは露天販売と言うこともあり新鮮さに疑問符が付きます。

f:id:yuyuykun:20170424225959j:plain

 

そうです。

こちらはスイミットと言うトルコを代表するゴマ付きドーナッツパンです。

焼きたてはモチモチするらしいですが、なかなか焼き立てに出くわしません。

少し硬いですが、非常に味のあるパンです。

f:id:yuyuykun:20170424230015j:plain

 

これがスイミットです。

ほんとおいしくて、飽きない味です。

f:id:yuyuykun:20170424230043j:plain

 

トルコのパンは世界一と言われるほどおいしいです。

食べてみたらなるほどです。

どのスーパーにも焼いたパンが売ってるし、食事にはパンが食べ放題。

とにかく、おいしいと思える味です。

日本にはなかなかないですねぇ。

 

それもそのはずかもしれません。

 

実はトルコは料理大国。

フランス料理、中華料理に並んで、世界三大料理の一つがトルコ料理です。

 

今回も多くのトルコ料理を味わいましたが、どれもおいしくて予想以上です。

 

さすが、エーゲ海の恩恵を受けているのでしょうか。

 

日本でトルコ料理見かけたら、すぐチェックして見て下さい。