f:id:madoca_asa:20170815182530j:image:w400

 こんにちは、マドカ(@lizryun)です。
 長年(といっても3年経ってないと思う)使っていた合皮のバッグがあちこち表面が剥がれてきてしまって、手放すことにしました。
 セール品で選んだ割には、自分では色もサイズも気に入っていて、デザインはアラサーの今では少し可愛さが強いかな? と思っていた矢先のことでした。

  • 合皮のバッグについて
    • 合皮のバッグの寿命
    • 合皮にもメリットはあるけれど……
  • 同じバッグを長く使いたいという気持ち
    • 寿命とはいえ、手放すのは寂しい
    • 急に探すのは大変
  • 素材で色々と悩む
    • ナイロンは軽くて便利だけど、カジュアルな感じ
    • やっぱり本皮が無難かな
  • まとめ

合皮のバッグについて

合皮のバッグの寿命

 合皮(合成皮革)とは、布の上に合成樹脂でコーティングしたものです。
 そのため、どれだけ注意したとしても、自然の経年劣化には逆らえず、樹脂の部分が剥がれてしまうのです。
 今回のバッグの表面が剥がれてしまっているのも、粗悪品ということではなく、ごく自然の流れのようです。
 きちんとケアをしているわけではありませんでしたが、ダメージを与えるようなこともしていない、ごく普通の使い方ですので、きちんとやっても少ししか寿命は伸ばせなかったと思います。

合皮にもメリットはあるけれど……

 合皮にも安い! 雨に強い! といったメリットはありますので、バッグを頻繁に買い換える人であればいいのでしょうし、一概に合皮は良くないとは言えません。
 ただ、私は一つのバッグを長く使いたいと思ったので、トレンドですぐ手放してもいいようなものや、デザインがすごく特徴的で代わりが見つかりそうにないもの以外は、合皮のバッグはやめようかな、と思いました。

同じバッグを長く使いたいという気持ち

寿命とはいえ、手放すのは寂しい

 今回はデザインの関係で、薄々と買い替えを考えていた時期だったので、まだ仕方ないかな、という気持ちもあります。
 しかし、次に落ち着いたデザイン=長く使えるデザインのものにして、バッグに愛着が湧くようになってまた買い替え、となると少し寂しいですね。

急に探すのは大変

 急に手放したものですから、今までそのバッグを利用していたような時に、代わりのバッグでは少し足りない事が起こりました。
 サイズが少し大きめで、荷物が多い時にも便利ですし、色も濃い目のフーシャピンクで、落ち着いた色合いの服にもアクセントとして合いますし、暖色系の服にも合うものでした。
 そんな中々種類が少なそうなバッグなので、急に代わりを探すのも一苦労です。
 そこで、やはり長く使えるものがいいな、と思いました。

素材で色々と悩む

ナイロンは軽くて便利だけど、カジュアルな感じ

 ナイロンのバッグ、いくつか持っているのですが、ポーターのタンカーやナイロンのビジネスバッグという少しお出かけ用の私服には合わないような感じです。
 あとどうしても落ち着いた色合いのものが多いというか……。
 今回のものとの買い替えの候補にはならないですね。

やっぱり本皮が無難かな

 少し値は張りますが、本革に着色したものがいいのかな。
 以前ににCOACHのアウトレットで似たような色のものを見掛けたのですが、あのバッグがあるからな〜とスルーしてしまって、少し後悔です。
 幸いにも、今はセール期間の終わりかけですし、探せばまだ少し安く買えそうです。

まとめ

 そもそも、バッグが傷まなければ、ここまで色々と考えることもないのかな、と思うと、やっぱり長く使えるものの方がいいな、と思ったわけです。
 寿命で強制的に手放すのではなく、すごくステキなバッグに出会ったりするような、自分が買い替えたいタイミングで手放したいです。
 そんなわけで、長く使えそうな革製の濃い目のピンクのバッグ、探しています。

おわり。