手に負えない

2017/12/03

自分の手に負えないことをやる

 

井上雄彦氏のことば。

自身でコントロールできる範囲のことであると

作品が小賢しいものになってしまうことは目に見えているから。

 

これは、何かを創り出すことを経験した人であれば、

どこか共感できることではないでしょうか。

 

自分のキャパで対応できるだろうと感じるときは、

そこに自分の必死さが、熱が、込められない。

結果として、

「こんなのどうでしょう?好きでしょう?」

っていうものになる。

とても小賢しいものになってしまう。

同時に、自分が変化・成長することもできない。

 

手に負えないことをやるときは、

もがき、苦しんで、必死で生み出すことになる。

成果物から、その必死さがひしひしと伝わってくる。

自分は変化し、成長していく。

 

井上雄彦氏は、

今まで自分が描いてきた漫画から、描く手法やテーマを変えて、

手に負えないことに取り組んでいる。

 

今までやってきた同じ何かに取り組むときでも、

自分の手に負えないものにできるポイントはいくらでもある。

 

その、手に負えないポイント、をどこにするのかを

明確に意識して取り組むことが大事。

それがそのプロジェクトの自分にとってのテーマであり、

成長ポイントになる。